鯉のぼりは五月末まで飾ろう!


「鯉のぼりはいつまで飾ったらいいのでしょう?」
こんな質問が多く聞かれますが、端午の節句が過ぎてすぐにしまうのはもったいないことです。
最近は鯉のぼりも少なくなったので、通りがかった人達もカメラで撮ったりして楽しんでいます。16
特にお子さんのはしゃぎっぷりは素敵なものです。

10年近くも鯉のぼりを揚げているお客様のお話では、
ご近所の人たちが「毎年楽しみにしている。今年はいつごろ泳がせますか?」と言われるので~と嬉しそうです。

旧暦ならば、今年の端午の節句は5月30日です。
薫風の五月いっぱいまでは鯉のぼりを楽しみたいものです。

⇒鯉のぼりはこちらから
OLYMPUS DIGITAL CAMERAkoinobori_640hiroshige173_main
広重の浮世絵もこんなです。



コンパクトな武将兜シリーズが登場!


「高級感のあるコンパクトな兜セットが欲しい!」
こんな希望が多いので、高級な会津塗りの収納セットを製作しました。
価格も58,000円~62,000円とお手頃な価格で設定しました。
「戦国武将シリーズ」ト」言いたいところですが、人気の高い源義経も入れてあります。
なぜか義経は人気が高いんですよね。

⇒会津塗り武将兜シリーズ
odatakedatokugawasanada17119uesugi
naoeminamotoaizu



正絹刺繍の高級ひな人形登場!


正絹刺繍(しょうけんししゅう)の高級雛人形。

高級感のあふれる収納飾りの雛人形です。

お顔は頭師の「山科紫晃・やましなしこう」作で、日本国内で試行級の仕上がりです。

弊社の雛人形は、大量生産でない日本国内製品を扱っております。
そのため、量販店やショッピングモールそしてインターネットで安売りされない雛人形ですので安心です。

⇒こちらからごらんください。

3-7500_0



盛りに盛ったプリンセス雛人形が登場!


可愛いお顔で人気の<プリンセスひな人形>。
「どうせ作るならば、盛りに盛ったプリンセス雛人形を作ってしまおう」というのがこれ。
ヒョウ柄で金髪のプリンセス雛人形のケースセット。
⇒ヒョウ柄のプリンセス雛人形はこちらから

プリンセス雛人形の原点はさいたま市の鈴木人形工房の頭(かしら)・ベルズキッスから。
秋葉原系のフィギュアを参考に製作されました。
どちらかというとET似で目が大きくて黒目ばかりのお顔でした。

異様な表情で、雛人形には不向きなお顔でした。

そのお顔をこうげつ人形の意見で、修正に修正を重ねて今のお顔になりました。
そのために、プリンセス雛人形は「鈴木人形とこうげつ人形の共同制作雛人形」となっております。

コピーされるくらいに人気となっていますが、
似て非なる「プリンセス雛人形」の登場には困ります。

あまりにも低レベルなのですが、ネットでは一般お方には細部がわかりません。
気を付けていただきたいものです。

ps-hyou-tonoime-2_640_2

 

 

 

 

 

 

 

 

ps-hyou-00_640_2

 

 

 

 

 

 

 

 

ps-hyou-3_640_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ps-hyou-4_640_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒ヒョウ柄のプリンセス雛人形はこちらから



プリンセス雛人形の新作発表!


プリンセス雛人形にお求めやすい価格のセットが登場しました。
73、000円と79,800円(共に消費税別)のケースセットです。
302-5-2_640_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒ 限定50セット特別価格73,000円

302-6-9_640_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒ 限定35セット特別価格 79,800円

プリンセス雛人形は、
国内生産の雛人形で、量販店やネットで乱売されないので安心してお求めになれます。

⇒プリンセス雛人形の一覧はこちらから。



USJも淡島神社もひどいものだ。


市松人形の第一人者である「松乾斎東光作」の名品でも、
こんな風にメーキャップして展示すれば気持ち悪いに決まっている。
金もうけのためならば何をしても良いという考えだろうか?

exp3_tatari_main_p01-e1476846193583-1

宮司の言葉もひどい。

「ふざけんなよ、こらぁー。こっちはあんたらにめっちゃくちゃ腹たててんねん。なんや上から目線でFAX送ってきやがって。なんも答えるか、むかつくわー。掲載したら裁判所に訴えるぞ!」
(引用元:フライデー 2016年9月30・10月7日合併号)

USJ『祟』の人形をフライデーが淡嶋神社に奉納された人形だと報じる!



ひな人形の製造が始まっています。


もう9月、
伝統的な雛人形と個性的なプリンセスひな人形の2種類で制作の準備が進んでいます。

3Dなどの発達で、プリンセスひな人形のコピーも出回って来ています。
いくら原型をコピーしても、人形師の技術の差があって、なんとも仕上がりはひどいものです。

さすがに人形業界ではそのようなことはないのですが、異業種の方達は無法なので困ります。

「立体商標」の登録商標であることもPRする必要があるので表示しておきます。

⇒プリンセスひな人形はこちらから

BK立体商標-(2)-2_640_2